2012年9月27日

行政書士会川口支部研修会に出席しました。


9月26日、行政書士会川口支部の研修会が川口市立中央ふれあい館で川口支部会員52名が参加して行われました。今回のテーマは遺言・相続です。川口公証 役場の公証人、小高雅夫先生より 『行政書士業務に役立つ遺言の知識と公証役場の活用法』 との題でご講演いただきました。

遺言や相続と いう問題は、人の死を前提としているので普段の生活では話題にしづらい問題でもあります。今回の講演では、遺言がなかったために後の相続でトラブルとなっ た例や、自分で書いた遺言が原因で家族が争うこととなってしまった例をあげ、公正証書による遺言の重要性をお話しいただきました。

その話の中で 『相続』 が 『争族』 になってしまうとのご指摘があり、正しい遺言を残すことがトラブルを未然に防ぐ、予防法務にもつながる大事なことであると再認識させられました。

 
 

『カバチタレなほねつぎ』 痛みの治療 小野整骨院
交通事故・むち打ち症でお悩みの方、『ケガの治療から示談まで』 痛みの治療 小野整骨院へ

www.ono-seikotsuin.com

 
 

2012年9月 4日

秋の全国交通安全運動

 

期間・・・9月21日(金)~30日(日)

県重点目標
・夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗車中の交通事故防止
 (特に反射材用品など着用の推進と自転車前照灯の点灯の徹底)
・すべての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
・飲酒運転の根絶
・自転車の安全利用の推進(特に自転車安全利用五則の周知徹底)
 
市重点目標
・高齢者、自転車の交通事故防止
・ドライバーの運転マナー向上
 
問い合わせ・・・交通安全対策課交通教育係 TEL 048-258-1224

 
交通安全は、期間中だけではなく常に意識をもって取り組みましょう!
 
 
 

『カバチタレなほねつぎ』 痛みの治療 小野整骨院
川口市唯一、交通事故専門の行政書士事務所を併設した接骨院。『交通事故の治療から示談まで』
www.ono-seikotsuin.com

 
 

2012年9月 2日

横浜中華街


9月1日(土)、横浜市の産業貿易センタービルまで行きました。このビルの7階には神奈川県行政書士会があり、そこで交通事故実務研究会が行われています。
 
いつもはみなとみらい線の日本大通り駅で降りるのですが、昨日は一つ先の元町・中華街駅まで行ってみました。駅を出ると朝陽門が目の前にそびえており、中華街の誘惑を振り切りながら山下公園を一駅分散歩しながら戻って研修会へと向かいました。
 
今度は研修会ではなく、中華料理を食べにまた来たいですね。
 
”チャイナタウン この街を行けば お前との想い出が 風のように頬を打つ”
 
 
 

川口市唯一の交通事故専門行政書士事務所併設型接骨院
交通事故・むち打ち症でお悩みの方、『ケガの治療から示談まで』 痛みの治療 小野整骨院へ

www.ono-seikotsuin.com

 
 

2012年8月 2日

ドライブレコーダー 事故防止へ無償配布・・・岐阜

 

交通事故の減少を目指す岐阜県トラック協会は、加盟事業所を対象に、事故などの映像を記録するドライブレコーダーを無償で配布することを決めた。

事故防止と運転手の交通安全意識の向上を図るのが狙いで、同協会は8月3日に加盟事業所へ通知し、希望する個数の調査を始める。

ドライブレコーダーは、車のフロントガラス上部に設置し、事故、急発進や急ブレーキなどの衝撃を感知すると、小型カメラでその前後の映像を自動的に撮影 し、速度なども記録する。対向車や歩行者、信号機の映像が事故発生時の証拠になるほか、安全運転教育にも活用されている。

無償配布するのは簡易型のドライブレコーダーで、費用には、県の運輸事業振興助成交付金を充てる。加盟791社(トラック約1万5000台)を対象に調査を行うが、すでに搭載済みなどの車もあるため、1万台を目標としている。

トラックやタクシー、バスにドライブレコーダーを導入する動きは各地で広まっており、長野県トラック協会は昨年度から2年間かけ、約1万4000台に無償配布している。

8月24日に調査を締め切り、12月までに配布する予定だ。岐阜県トラック協会の川島千秋専務理事(65)は「運転手が事故の危険を感じる 『ヒヤリハット』 を減らすなど安全運転の研修に役立てて、事故の減少につなげたい」と話している。(青山丈彦)

(2012年7月31日 読売新聞)

 
交通事故において過失割合の判定はトラブルになりやすい問題でもあります。特に当事者の一方が意識障害などにより自分の立場を主張できないような場合には、相手方の一方的な主張により過失割合が決定してしまう事にもなりかねません。

ドライブレコーダーで交通事故の状況を記録しておくことは、後のトラブルを未然に防ぐためにも必須と言えそうですね。
 
 
 

川口市唯一の交通事故専門行政書士事務所併設型接骨院
交通事故・むち打ち症でお悩みの方、『ケガの治療から示談まで』 痛みの治療 小野整骨院へ

www.ono-seikotsuin.com

 
 

2012年7月16日

交通事故実務研究会・研修会に出席しました。

 
平成24年7月14日(土)、横浜市にある神奈川県行政書士会館で行われた交通事故実務研究会の研修会に参加いたしました。この会は民事交通訴訟における出廷陳述権獲得を目指して、意欲的に研鑽に励んでいる行政書士が会員となっている研究会です。

小野整骨院は川口市唯一の交通事故専門行政書士事務所併設型整骨院として、『交通事故によるケガの治療から示談まで』 のワンストップサービスを行っています。

交通事故実務研究会は神奈川県の会員が中心となって運営していますが東京・埼玉などからの参加者も多く、今回は30名ほどの出席がありました。実際にあった事案をもとに後遺障害認定や損害賠償について、また交通事故の実地調査に関しても疑問点や注意点について活発な議論が行われます。何よりも実例をもとにした話であるためイメージしやすく、実務に際してとても参考になります。
 

minatomirai.png hikawamaru.png


交通事故による損害はケガなどの肉体的なものだけではなく、精神的なものまで含め被害者にとってとてもつらい現実です。被害に遭われた方の不安は受けた損害をどの様に賠償してもらえるのかといった、今までに経験したことのない未知の不安でもあります。私たちは皆様のケガに対する治療はもちろん、損害賠償に対する不安に対してもご相談いただけるよう日々勉強に励んでいます。もしも交通事故に遭ってしまったときには、小野整骨院/ほくせい法務事務所までご相談ください。